歯周病*スズキ歯科:福島県いわき市|歯周病専門医・予防フッ素・インプラント|

いわき市の歯科医院・スズキ歯科 JR常磐線いわき駅から徒歩5分
歯周病認定医在籍・インプラント・ホワイトニング
福島県いわき市 スズキ歯科

スズキ歯科 いわき市平字4-3-2

スズキ歯科 TEL

スズキ歯科 歯周病専門医
スズキ歯科には日本歯周病学会認定の歯周病専門医が在籍しています。

35歳以上の約80%が歯周病と言われています。


歯周病とは、お口の中に存在するプラーク(歯垢)という、細菌の塊が原因で起きる病気で、35歳以上の約80%がかかっているとも言われており、もはや国民病といっても過言ではありません。

初期段階では、歯茎が腫れたり、歯磨きをすると血が出たりする事はあるものの、ほとんどの場合、痛みを伴わないため、自覚症状のないまま進行していきます。

そのまま放置し重症化してしまうと、歯を支える骨が溶けてしまい、最終的に歯を抜かなければならなくなってしまいます。事実、歯を失う最大の原因は歯周病なんです。

この様な事態をを防ぐ為に、痛みが無くても歯科医師による定期的にチェックと予防処置を受ける事が重要なポイントになります。

もし、すでに患者様が歯周病であるならば、まずは専門家の指導による、ご自身のお口の状況に合った最適なブラッシング法を身に付けて頂きます。

それとともに、局所ではなく、お口の中全体を考えた徹底的な歯周治療が必要になります。
なぜなら歯周病の原因細菌はお口の中全体に潜んでいるため、部分的な治療では再発する可能性が高いんです。

スズキ歯科では、患者様の天然の歯の保存を最優先で考え、歯周病専門医による歯周外科処置、再生療法、歯ぐきの移植といった、最先端の治療を行っています。



また歯周病は、治療を行えばそれで完治するものではありません。
糖尿病の様な生活習慣病ですので、治療後の安定した状態をコントロールしていく必要があります。

数多くの医学研究・論文から、歯周病治療後に定期的なメンテナンスを続けている患者様は、メンテナンスを受けていない患者様と比較して、より多くの歯を有していることが分かっています。
近年、歯周病に関する様々な情報が飛び交っています。

スズキ歯科 心臓なかには、糖尿病、心筋梗塞、早期低体重児出産といった全身疾患と歯周病の関係に注目した研究報告もあります。
歯周病が全身疾患にと関連しているというテーマは、歯科界において、最も熱の入っている研究分野の一つであり、【歯周病とは、お口の中だけではなく、全身の健康に影響を及ぼす病気である】という認識が高まっています。

スズキ歯科では歯周病専門医が在籍しているメリットを最大限に生かし、

① 歯周病にならないための予防
② 歯周病専門医による、お口全体を考えた徹底的な治療
③ 歯周病再発を防ぐメンテナンス

この3つをキーワードに、患者様により良い健康を提供していきたいと考えています。

ページの先頭へ

スズキ歯科 再生療法スズキ歯科 再生療法

スズキ歯科 歯周病
上顎左側側切歯に行った再生療法


矢印(写真左)の示す部分に、骨の破壊された部分が観察されます。
自家骨移植とエムドゲインを併用して治療を行いました。
写真右は治療後に撮影したレントゲン写真です。
同部に骨の再生が観察されます。
※写真をクリックすると拡大します。






スズキ歯科 全顎症例スズキ歯科 全顎症例
スズキ歯科 全顎症例スズキ歯科 全顎症例

スズキ歯科 歯周病
全顎的に治療を施した症例


患者様のご希望により、歯周処置・補綴処置を全体的に施した症例。
写真上段が術前の口腔内写真とレントゲン写真。
下段が術後の写真。
現在は定期的にメンテナンスを行っており、経過は極めて良好です。
※写真をクリックすると拡大します。